北千住 ネイルケアサロン CocoNail(ココネイル)

東京 北千住駅西口(丸井側)より徒歩2分!ゆったりとくつろぎながら指先をきれいにしませんか?
パラジェル正規登録店

北千住 ネイルサロン トップ画像

ネイルサロン ココネイル ≫ ネイルのお話 ≫

ネイルのお話

ネイルのはじまり

北千住 ネイルサロン 画像
ネイルの歴史は古く、古代エジプト時代(紀元前3000年以前)までさかのぼります。

ヘンナという植物の花の汁を使って染めていたそうです。
古代人は特に赤色を好んでいたといわれ、太陽の赤、血の赤を表し、神聖な色として尊ばれていたようです。

お化粧すなわち爪の彩色の始まりは呪術的な意味合いを強く持っていたみたいです。
古代では復活と再生、来世での霊魂を信じて身分の高い者達の死骸を保存すべくミイラの爪にも朱の色を施していたようです。
ミイラの爪に彩色が残っていたり、古墳の死骸近くの土やその人骨が赤く染まって発見された事から
『朱(水銀朱)は防腐剤としての効果があると知って使っていた』
のではないかと思われてます。
爪を清潔に保つために男女共に行っていた記録もあるようです。
階級が高くなるほど真紅に近い色をつけ、爪先の色が階級を示す一つの道具になっていたようです。
当時は爪の色が身分を表してて王と王妃は濃い赤、その他の者は薄い色しか許されなかったようです。

古代エジプト時代ではスキンケアや美容術、ヘアーカラーもあって美容に関してはそこからギリシャ、ローマ時代へ伝わったみたいです。

ギリシア・ローマ時代には支配者階級の男女の間で流行し始め、マヌス・キュアという言葉が生まれました。
 中世からルネサンスにかけて芸術が進化していく過程でマニキュアの技術が発達してゆき、手の化粧が一般的なものになっていったのです。

ケアのススメ

ジェルネイルってどんなもの?

北千住ネイルサロン ジェルネイル
ジェルネイルは、ジェル状の樹脂をUVライト(またはLEDライト)にあてて固める(硬化させる)ことで仕上がるネイルのことです。
マニキュアのように乾かす時間を必要とせず、硬化後すぐに触ることができます。発色がよく、ツヤツヤした指先になります。また、マニキュアよりももちが良く、生活習慣や爪の状態にもよりますが、平均的に約3週間前後、美しさが保たれます。

取り外すには、専用溶剤でのオフが必要です。無理に剥がすと、自爪の表面の爪をはがしてしまい、爪を傷めることとなります。ご自宅でも専用溶剤にてお取り外しが可能ですが、正しいオフの仕方で行えない場合は、自爪を傷めてしまいますので、ネイルサロンでのお取り外しをオススメいたします。

☆ジェルネイルを長持ちさせるには。。。
(1)乾燥は浮き(リフト)の原因となります。指先や甘皮まわりをキューティクルオイル等で保湿することで、伸びてきたルースによるジェルネイルの浮きを抑えることができます。手や指まわりのこまめな保湿を心がけるとジェルネイルをキレイな状態で長持ちさせることができます。

(2)ジェルネイルをした状態で爪を切ると、指先からリフトする原因となります。伸びてきた爪が気になる場合は、爪やすりで削って短くしてください。尚、爪やすりでも先端のコーティングが取れますので、はがれやすくなりますので、できるだけ早くサロンでのお付け替えをオススメします。

(3)爪も汗を発散します。長湯やサウナ、ホットヨガ等は、ジェルネイルが取れやすくなります。また、段ボールを指先であける、キーボードを強く継続的に打つ等、指先に直接負担がかかる動作もジェルネイルを取れやすくする原因となりますので、手袋をする等、指先の負担を軽減することでジェルネイルを長持ちさせることができます。

巻き爪・陥入爪の原因と予防

巻き爪はなぜ起こる?
巻き爪は遺伝的なものもありますが、主に以下のようなことが原因で起こります。

(1)深爪や爪の切り方
深爪をしていると、足の指に力が加わった際に、爪の先の皮膚が力を受けて盛り上がります。その結果、爪はまっすぐに伸びることができずに、厚みが増したり、両端が巻いたりしてくるのです。また、爪の両端をわずかでも切り残してしまった場合には、その爪が棘のように皮膚に刺さり、痛みや炎症を引き起こす「陥入爪」の原因になることも。その痛みを何とかするため深爪を繰り返すと、症状は悪化してしまうのです。

(2)ハイヒールやサイズの合わない靴、指への打撃
足の指に過剰な力が加わるため、親指の爪がまっすぐ伸びることができず、巻き爪や陥入爪になります。

(3)指先に力の入らない歩き方
本来、爪は丸まっていく性質があります。通常は歩行時に地面からの力が加わることで、爪は平らになりますが、「足の指に力を入れずにぺたぺたと歩く癖がある人」や、「寝たきりの人」など、親指に体重がかからない状態が長く続くと、爪はどんどん巻いていってしまうのです。